*

捨てるべき40の「悪い」習慣/午堂登紀雄【読書メモ】

公開日: : 読書メモ ,

捨てるべき40の「悪い」習慣/午堂登紀雄【読書メモ】

「大切なものだけを残す生き方」に、シフトしよう。
言い訳、タイムマネジメント、人脈づくり、自己啓発書、「私はがんばってます」アピール、完璧主義、嫉妬、自社基準の評価……。
あなたには「捨てたほうがいいかも……」と思う習慣はいくつあるでしょうか。

 

「自分はどれだけ悪い習慣があるんだろ?」と思って読んだ本。

 

この本では捨てるべき悪い習慣を提示し、

それを「捨てられない人」「捨てられた人」がどうなるか

分かりやすく解説してくれます。

 

自分も悪い習慣たくさんありました(笑)

 

捨てるべき40の「悪い」習慣

  • 「自分はがんばってます」アピールを捨てる
  • 「忙しい」とは、自信のなさ、見栄にすがりつく内面の弱さ、そして自己中心的な発想を露呈してしまうという、結構恥ずかしいセリフなのです。
  • 言い訳を捨てる
  • 他人との比較意識を捨てる
  • プライドを捨てる
  • 「いい人」を捨てる
  • タイムマネジメントを捨てる
  • 完璧主義を捨てる
  • 完璧主義のデメリット
    1.アクションが遅れる
    2.変化に対応しにくい
    3.精神的に疲れる
    4.他人に不満を感じやすい
  • 「自社基準」の評価を捨てる
  • 「忍耐」を捨てる
  • 嫉妬を捨てる
  • 嫉妬をする人には共通点があります。まず、負けず嫌いにもかかわらず、真正面から勝負を挑む度胸がありません。また、努力して相手を上回ろうという向上心がない一方で、自分が劣っていると認めたくないという、プライドばかり異様に高い傾向があります。
  • 反省を捨てる
  • 自己否定感が大きくなると、「どうせ自分には無理」と限界を設定し、「やらなくてもいい言い訳」を探すようになってしまいます。

 

一番刺さった文章

反省を捨てる

 

自分はけっこう反省することが多いんですが、

「自分がいかにダメだったか」に焦点をあてがちです。

『ああ、また失敗した。おれは何でいつもこうなんだろう・・・』

『ダメだなー、しょぼいなー、おれ』

といった具合に。

 

ただ、それは自己否定感につながってくるので、

上記の引用にあるように

自己否定感が大きくなると、「どうせ自分には無理」と限界を設定し、「やらなくてもいい言い訳」を探すようになってしまいます。

という状態によくなってしまいます。

 

この本では解決策として、

反省せずに「分析」した「対策」を考える

ということにフォーカスしろと言っています。

『なるほど、○○すると▲▲になるのか、

じゃあ、今度は◇◇してみよう』

と冷静に対処していくことが

次へのエネルギーを生むようになるのです。

 

一歩後ろに引いて、他人事のように冷静に見ていくことにします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

【人材育成】コーチング-言葉と信念の魔術/落合 博満【ビジネス本の読書メモ】

コーチング―言葉と信念の魔術posted with ヨメレバ落合 博満 ダイヤモンド社 2001

記事を読む

メンタルが強い人がやめた13の習慣/エイミー・モーリン【読書メモ】

メンタルが強い人がやめた13の習慣posted with ヨメレバエイミー・モーリン 講談社 201

記事を読む

はじめてのリーダー論/小倉広【読書メモ】

はじめてのリーダー論 ―部下と上手につきあう31のコツposted with ヨメレバ小倉広 ゴマブ

記事を読む

部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書/出口 治明【読書メモ】

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけな

記事を読む

定時に帰るためには? 本「仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?/木部 智之」(Kindleあり)

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?posted with ヨメレバ木部 智之 KA

記事を読む

テンプレート仕事術/信太 明【読書メモ】

テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化するposted with ヨメレバ信太

記事を読む

アドラーに学ぶ部下育成の心理学/小倉 広【読書メモ】

アドラーに学ぶ部下育成の心理学 「自ら動く部下」が欲しいなら ほめるな叱るな教えるなposted

記事を読む

「仕事ができるやつ」になる最短の道/安達裕哉【読書メモ】

「仕事ができるやつ」になる最短の道posted with ヨメレバ安達裕哉 日本実業出版社 2015

記事を読む

【自己啓発】「イチローの成功習慣」に学ぶ/児玉 光雄【ビジネス本の読書メモ】

「イチローの成功習慣」に学ぶposted with ヨメレバ児玉 光雄 サンマーク出版 2014-0

記事を読む

仕事は、かけ算。/鮒谷 周史【読書メモ】

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させるposted with ヨメレバ鮒谷 周史 かんき出版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2018年10月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

新サイト「ビジタマ!」始めました。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 お久しぶりです!

メルマガを始めます。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。お久しぶりです!

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

→もっと見る

PAGE TOP ↑