*

行動が早い人の仕事と生活の習慣/野呂 エイシロウ【読書メモ】

行動が早い人の仕事と生活の習慣/野呂 エイシロウ【読書メモ】

ビジネスで評価される決め手は、「行動の早さ」。お膳立てしてもらわなくても、自分から考えて行動できる人は、一気に成長していきます。本書では、さまざまな企業でプロジェクトに関わってきた著者が、行動が早い人のやり方・考え方を紹介。「やることのリスト化」「先回りの段取り」「メールのやりとりをスピーディーにするコツ」「身の回りのメンテナンス」など、行動力アップの秘訣が満載。悩みがちな人、仕事の着手にエネルギーを要する人などに、オススメの1冊

 

「すぐやる」ということが習慣にできなくて読んだ本。

 

著者は、放送作家・PR戦略コンサルタント。

自分の好きなTV番組「ザ!鉄腕!DASH!!」や

「特命リサーチ200X」「奇跡体験!アンビリバボー」などの

人気番組の構成作家もやっていたそうです。

 

この本は著者が出会ってきた、

行動が早い人の仕事や生活での習慣

「行動が早い人は●●」「出遅れる人は■■」

という形で分かりやすくまとめています。

 

「さっさと行動できるようになりたい!」

というあなたにオススメ。

 

行動が早い人の仕事と生活の習慣

  • 行動が早い人は、いくつも同時にやる。出遅れる人は、どれか選ぼうとする。
  • 行動が早い人は、たんたんと問題解決する。出遅れる人は、責任を感じて思考停止する。
  • 自分より圧倒的に忙しく重い責任を負った人たちが、次々と出てくる問題にどれほど高速で対処しているのかを想像すると、不思議と冷静に解決策を考えることができるのです。
  • 行動が早い人は、睡眠を中心に生活する。出遅れる人は、睡眠をおろそかにする。
  • 朝に「やらないこと」を明確にしておく
  • 行動が早い人は、半年以内に目標を達成する。出遅れる人は、「いつかやろう」と思っている。
  • 目標設定は最長半年先まで
  • 目標達成のスピードアップに欠かせないのは、複数のルートから同時に目標を目指すことです。
  • 行動が早い人は、プロのやり方を学ぶ。出遅れる人は、自己流でやる。
  • 知識や技術の習得で、一番スムーズなのはプロに教わること。プロのノウハウを活用することで、回り道をせずに最短で身につけることができる。

 

一番刺さった文章

行動が早い人は、たんたんと問題解決する。出遅れる人は、責任を感じて思考停止する。

 

自分は思考停止するタイプですね(笑)

そしてワタワタしまう格好悪いクセがあります。

逆に会社の上司は非常に冷静で

「今はどういう状況にあるの?」

「何が問題だったの?」

「では、これから●●していこう」

といった具合に、たんたんと問題解決していきます。

 

冷静に考えればたいしたことない問題が多い気がするので

身近にいるよいお手本を参考に対処していくことにします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

【生産性の向上】誰も教えてくれない 計画するスキル/芝本秀徳【ビジネス本の読書メモ】

誰も教えてくれない 計画するスキル(日経BP Next ICT選書)posted with ヨメレバ

記事を読む

すごい手抜き/佐々木 正悟【読書メモ】

すごい手抜き - 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術 -posted with ヨ

記事を読む

自分の時間を取り戻そう/ちきりん【読書メモ】

自分の時間を取り戻そうposted with ヨメレバちきりん ダイヤモンド社 2016-11-25

記事を読む

【経過報告】33歳独身サラリーマンの20キロ減量ダイエット~第20週目~

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。 昨日は友人宅で宅飲みしてました。 友人の子供

記事を読む

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか/鳩山 玲人【読書メモ】

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのかposted with ヨメレ

記事を読む

【自己啓発】世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?/戸塚隆将【ビジネス本の読書メモ】

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?posted with ヨメレバ戸塚隆将 朝日新

記事を読む

筋トレが最強のソリューションである/Testosterone【読書メモ】

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法posted with ヨメ

記事を読む

奇跡の営業/山本 正明【読書メモ】

奇跡の営業posted with ヨメレバ山本 正明 サンマーク出版 2013-07-26

記事を読む

世界のエリートがやっている 最高の休息法/久賀谷 亮【読書メモ】

世界のエリートがやっている 最高の休息法posted with ヨメレバ久賀谷 亮 ダイヤモンド社

記事を読む

しつもん仕事術/松田 充弘【読書メモ】

しつもん仕事術posted with ヨメレバ松田 充弘 日経BP社 2013-08-23

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2018年1月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

新サイト「ビジタマ!」始めました。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 お久しぶりです!

メルマガを始めます。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。お久しぶりです!

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

→もっと見る

PAGE TOP ↑