*

目標達成する技術/マイケル・ボルダック【読書メモ】

公開日: : 読書メモ

目標達成する技術/マイケル・ボルダック【読書メモ】

複数のアメリカ大統領、元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラ、ダイアナ妃、ジョージ・ソロス、マザー・テレサ、アンドレ・アガシといった数多くの世界的なリーダーたちをコーチしたアンソニー・ロビンズの元で仕事し、世界のトップコーチになった著者が日本人のために書いた画期的な方法。

 

先日「ダイエットして20キロやせる!」という目標を打ち立てたわけですが、『じゃあ、目標を達成するためには何が大事なんだ?』という疑問がわき、この本を手にとりました。

※ひらっちのダイエット挑戦については詳しくは下記を見ていただけると嬉しいです。少し長いです。

参考:ひらっち、デブやめるってよ。~32歳独身サラリーマン20キロ減量ダイエットへの挑戦~

 

著者は、7歳のときに、実の父親が母親を殺害するというショッキングな事件を体験します。

そのときのショックで重度の吃音症と極度の対人恐怖症になってしまいますが、

17歳のときに発奮し世界No.1コーチといわれる「アンソニー・ロビンス」に師事し、自身もトップコーチになった人物です。

この本以外にも何冊か著書がありますので、興味がある方は下記からどうぞ。

参考:Amazon「マイケル・ボルダック」の著者ページ

 

この本では多くの人は「やり方」を知っていながら「行動」ができない。「行動」を起こすために必要なのは「心理学」であるという考えのもと、目標達成するための方法を教えてくれます。

 

「新年だし新しい目標立てたけど、達成できるか心配」というあなたにオススメです。

 

目標達成する技術

  • 「あなたの人生は、あなたがいつも考えていることの直接的な反映である」
  • 人生を変える唯一の方法は、自分の基準を上げることであり、そのための原動力が痛みなのです。基準を上げるとは、単に「変えたいな?」と思っていることを、「絶対に変えなければならない!」というレベルまで持っていくことです。これまでよりもっと多くを、自分自身に望むということです。
  • 成功は80パーセントが心理面、わずか20パーセントが方法論
  • 痛みの感情を使って、強力なスタートダッシュを切ったら、次は快楽の感情を使います。楽しくないと、大きなゴールを達成することはできず、長期的に成功を作り続けることができません。
  • とても大切なことをお伝えします。あなたが今考えたものは、あなたが最終的に欲しいものではありません。私たちが究極的に得たいもの、それは「感情」なのです。
  • あなたのゴールそのものは、最終的な目的ではありません。ゴールとは「得たい感情」という究極の目的に到達するための、乗り物でしかないのです。
  • 6つの感情的ニーズ
    1.確実感
    2.不確実感
    3.重要感
    4.つながりと愛
    5.成長
    6.貢献
  • 人というのは、自分自身のためよりも、他の人のためのほうが、より高いモチベーションを持つことができる
  • 多くの人が目標達成のための計画を実行できないのは、そのプロセス全体にフォーカスしてしまうからです。
  • 「あなたの成長は、居心地の悪さから来るものなのです」「あなたの成長は、居心地の悪さをどれだけ居心地良くするか」
  • 成功している人は、・痛みによってやる気が起きる・やる気によって行動を起こす・行動を継続するために、快楽の感情をいつもイメージするということをしています。
  • 真の決断とは、退路を断つことです。裏口を閉めて、鍵をかけ、その鍵を捨てるのです。
  • 多くの人が目標を達成できない理由は、目標に集中し続けることができないからです。集中力、フォーカスの欠如です。
  • フォーカスをコントロールする一番の近道は「質問」です。質問をコントロールすることで、思考のフォーカスをコントロールできます。そして、好きな感情を得ることができるのです。
  • 「どうしたら私の人生をもっと良くできるだろうか?」
  • 私たちの力を奪うネガティブな質問を身につけてしまうと、誤ったフォーカスを持ってしまって、自分で自分の可能性に限界を作ってしまうのです。
  • すべての人生の経験をポジティブに意味付けできれば、好きな感情を得られますし、人生で成功できるのです。
  • 出来事そのものに意味はありません。あなたが意味を付けるのです。あなたはどんな出来事でも、ポジティブにもネガティブにも意味付けできるのです。
  • 出来事はコントロールできません。しかし、あなたが出来事をどう意味付けするかや、その後どんな質問をしたり、行動を取るかはコントロールできます。
  • 「この出来事から得られるギフトはなんだろうか?」
  • 質問をマスターすれば、フォーカスをコントロールできます。そして、感情をコントロールすることができるのです。つまり質問をコントロールすることが成功の鍵なのです。
  • 人が成功するためには、2つのことが必要です。それは、正しい信念を持つこと、そして、正しい方法で行動することです。
  • 信念とは、事実ではないのです。あなたが何かに対して持っている、確信の感覚なのです。わかりやすく言うと、単なる思い込みです。
  • この自分自身を制限してしまっている信念のことを「リミティング・ビリーフ」と言います。実は、あなたが人生で感じるすべての痛みは、このリミティング・ビリーフから生まれているのです。
  • 「私は期限までにゴールを達成することができない。なぜならば…」
  • 「自分のゴールを達成するためには、どんな価値観や感情を持たなければならないだろうか?」
  • 価値観というのは、いつか達成できたときに感じる感情ではありません。毎日、日常の中で感じる感情です。
  • 「やめる人は決して勝てない。勝者は決してやめない」
  • 成功のための最も重要な方程式の1つは、その分野で一番成功している人を見つけることです。そして模範にすることです。彼らの信念を、彼らの焦点を、行動を模範にするのです。

 

一番刺さった文章

多くの人が目標を達成できない理由は、目標に集中し続けることができないからです。集中力、フォーカスの欠如です。

 

これは他の本や自己啓発系のセミナーでもよく言われていることです。

新年に目標を立てる人は多いけど、それを定期的に見返している人は少ないと思います(前にどこかでそれを表したグラフを見たことがあるのですが、失念してしまいました)。

以前に紹介した「目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣」という本でも、同様のことが書かれています。

目標達成する人は目標を目に触れるようにする、ダメな人は頭の中で思い描く。

参考:目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣/嶋津 良智【読書メモ】

 

自分も手帳の前の方に達成したい目標書いてたのですが、まー見なかったですね。

日々のスケジュールが気になって素通りしてしまうんです。

『手帳は毎日見るし、目標も絶対みるだろう』と思って書いてたんですが、ダメでした。

どうやら、自分の力(目標を毎日見ようとする意志)を使わずとも見れるようにしないと意味ないようです。

 

なので、2017年は紙に書いて家の壁に貼ることにしました。

この記事を書いている机の前に貼って、(嫌でも)常に目に触れられるようにしておきます。

現在、目標書くのに良さげな紙とコルクボードを探し中です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

メンタルが強い人がやめた13の習慣/エイミー・モーリン【読書メモ】

メンタルが強い人がやめた13の習慣posted with ヨメレバエイミー・モーリン 講談社 201

記事を読む

愛は脳を活性化する/松本 元【読書メモ】

愛は脳を活性化する (岩波科学ライブラリー (42))posted with ヨメレバ松本 元 岩波

記事を読む

神様からのギフト ― ザ・コーチ2/谷口 貴彦【読書メモ】

神様からのギフト ― ザ・コーチ2posted with ヨメレバ谷口 貴彦 プレジデント社 2

記事を読む

【マーケティング】ポジショニング戦略/アル・ライズ、ジャック・トラウト【ビジネス本の読書メモ】

ポジショニング戦略posted with ヨメレバアル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コト

記事を読む

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか/鳩山 玲人【読書メモ】

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのかposted with ヨメレ

記事を読む

【コミュニケーション能力の向上】アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術/谷本 有香【ビジネス本の読書メモ】

アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術posted with ヨメレバ谷本 有香

記事を読む

【コミュニケーション能力の向上】デキる人が使っている 人の心を動かす 使える質問/松田充弘、日小田正人【ビジネス本の読書メモ】

デキる人が使っている 人の心を動かす 使える質問 (オトナの教養BOOK)posted with ヨ

記事を読む

部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書/出口 治明【読書メモ】

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけな

記事を読む

【生産性の向上】仕事の速い人が絶対やらない時間の使い方/理央周【ビジネス本の読書メモ】

仕事の速い人が絶対やらない時間の使い方posted with ヨメレバ理央周 日本実業出

記事を読む

【自己啓発】どん底から最高の仕事を手に入れるたった1つの習慣/福島 正伸【ビジネス本の読書メモ】

どん底から最高の仕事を手に入れるたった1つの習慣 (中経出版)posted with ヨメレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2018年8月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

新サイト「ビジタマ!」始めました。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 お久しぶりです!

メルマガを始めます。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。お久しぶりです!

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

→もっと見る

PAGE TOP ↑