*

速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術/赤羽 雄二【読書メモ】

公開日: : 読書メモ ,

速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術/赤羽 雄二【読書メモ】

思考のスピードを極限まで速くする方法を解説し、7万部突破のヒットとなった『ゼロ秒思考』。その著者の驚異的な仕事量を可能にする哲学とノウハウを詳細に解説する。「好循環を作る」「工夫の仕方を工夫する」「PCでの単語登録を300はする」といった実践的な内容は、読者の生産性を何倍にも上げてくれるはずだ。

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、「日々是勉強」な毎日を送っている32歳独身サラリーマンのひらっちです。

学べば学ぶほど「自分は何も知らない」ということを思い知らされている状況です(けど、良い循環に入ってますよ)。

さて、今日は「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

これは単純に仕事を速くしたいから読みました。「仕事を速くする」に関する本は自分の身体に染み込ませれるために定期的に読むようにしています。

 

著者は、マッキンゼーでコンサルタントとして数々のプロジェクトに携わった赤羽 雄二さん。

「ゼロ秒思考」「世界基準の上司」など多数の本を出されています。詳しくは下記のAmazon著書ページからどうぞ!

参考:Amazon「赤羽 雄二」著者ページ

 

この本では、そんな世界の最前線で働いてた著者が、仕事を速くするためにやっていること・その考えを惜しみなく教えてくれます。

 

『今よりもっと仕事を速くこなしていきたい!』というあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」を読んで、また読み直したいと思った文章

  • 仕事が遅い理由のかなりの部分が、じつはスピードの問題よりも、「すぐに着手しない、着手できない」ことに起因する。
  • あらゆる仕事はいつまでに何をすべきか、そのためにはいつまでに何を仕込んでおくべきか、どこに何をいつまでに依頼すべきか、考えながら進めなければならない。
  • スピードを上げるためには、まずその仕事の全体像を理解する必要がある。全体像とは、最終成果が何で、それを出すためにどういう要素があってどういうステップと段取りを踏んで成果につなげるのか、どこから手をつけると最も効果的なのか、そういったこと全てを言う。
  • 上司がいる場合は、自分で全体像を考え、上司にぶれがないことを確認して見定めてから、実際の作業にはいる。
  • 仕事を速くするには、丁寧にやり過ぎてはいけない。丁寧なことはもちろんいいが、「やり過ぎない」という点が重要だ。
  • 仕事は、丁寧にやることそのものが目的ではなく、あくまでも結果を出すことが目的だ。結果を出すために必要な丁寧さを考え、それを十分満たせばいいのであって、決して「丁寧さありき」ではない。
  • その仕事が成功した、うまくいったという状況を想像し、「仕事の成功のイメージ」を明確に持つことだ。
  • 「仕事の成功のイメージ」を実現するために何が必要か、何度もシミュレーションし、段取りを明確にすることも大切だ。
  • 仕事を速くやるためには、できるだけいろいろな部分に好循環をつくることだ。好循環というのは、仕事を進めるうえでよいほうに勝手に物事が進むような状況のこと、多くの人が次々に協力してくれるようになることだ。
  • 好循環は、信頼できるチーム、パートナー等との間で起きる。
  • じつは自分から好循環をつくりだそうとあまりしないほうがいい。好循環というのはいろいろ種を蒔いておけば、自然に始まるものだ。
  • 仕事を速く進めるうえで重要な点は、できることは全部前倒しすることだ。「全部前倒し」というのは、先のことでもできることはなるべく全部早めにやっておくということだ。早めにやるほうが精神的には楽で余裕があるので、落ち着いて広い視点から取り組むことができる。心に余裕があるので頭もよく働く。
  • 人より一歩先んじるのは、精神衛生上、大変によい。一歩先んじるという意味は、「進むべき方向を人より先に考えておく」「調べる情報を先に調べておく」「こちらから先に会議を設定する」などだ。誰かが何かに気づいてアクションを取る前に、いつもなぜか先に動いていると思われるようになることだ。
  • 仕事のスピードを上げていくことは、いかに問題把握・解決力を強化するかということとかなり重なる。なぜなら、問題点を素早く把握し、その本質を見抜き、どう解決すべきかを整理して、直ちに解決に乗り出すことができればできるほど、仕事のスピードが上がっていくからだ。
  • 問題点を素早く把握するには、普段から何が問題になり得るか考え続けることが大切だ。何も考えず、ぼうっとしていては問題の発見・把握が遅れてしまう。問題は起きるものという前提でいつも注意を払っておく。
  • 情報収集は、あくまで成長するため、仕事の方向性を確認するため、アウトプットの質と量を上げるためであり、それ自体が目的ではない。
  • 指示を受ける側の部下の賢い対応としては、「ご指示に対してこういう全体像で進めますが、よろしいでしょうか」と初めに確認し、途中で何度も確認しながら仕上げていくしかない。
  • あなたが上司で、部下に書類・資料作成を指示するとき、非常に生産性の高い方法がある。最初にアウトプットイメージ(業務完了時にどういうイメージになるかを示したもの)をできる限り詳細に書き示すことだ。
  • 最終ゴールを最初に明示し、到達するまでの期間中に極めて頻繁な進捗確認ミーティング(2週間であれば、7~10回程度)をすることにより、過度なストレス・プレッシャーもなくスピーディーにゴールに到達することができる
  • 仕事を速く進めるには、相手と合意した内容をその場で書き、読み上げて確認し、ずれがないことをしっかりと確かめる必要がある。確認しないと十中八九、ずれている。
  • 事を速く進める人は、ポジティブフィードバックがうまい。ポジティブフィードバックとは、部下やチームメンバーがよい結果を出したときに褒めたり、感謝したり、ねぎらったりすることだ。どんな小さなことでも褒める。その場で褒める。大げさとか心配して妙にコントロールせず、心から褒める。結果がいまひとつでも、努力・プロセスがよい場合は、「頑張ったね!」「本当にご苦労さん」「助かったよ」とねぎらう。だめなときでも、「今回はうまくいかなかったけど、次はこうしよう。そうすればうまくいくよ」と慰める。
  • 私のお勧めは、毎日、ポジティブフィードバックを何度言ったか、「正」の字を書いて数えることだ。毎日10回以上言うようになれば、部下、チームメンバーとの関係がよくなり、成果も出やすくなる。結果として仕事のスピードが目に見えて上がっていく。

 

他は忘れてもいいから覚えておきたい「選ばれし文章」

仕事を速く進めるうえで重要な点は、できることは全部前倒しすることだ。「全部前倒し」というのは、先のことでもできることはなるべく全部早めにやっておくということだ。早めにやるほうが精神的には楽で余裕があるので、落ち着いて広い視点から取り組むことができる。心に余裕があるので頭もよく働く。

 

これは本当にそうですね。

自分も明日は何があるか分からないので、今日できることは前倒しで進めておくというスタンスで仕事をしています。

その日その日によって状況は刻々と変わっていきますので、余裕だと思っていたら不測の事態が起きてしまって本来やるべきことができない、なんてことはよくあります。

そうなると、余裕なんて全くありませんから、つまらないミスを連発して消耗してしまいます。

ミスを避けて余裕を保つためにも、可能な限り前倒しで仕事を進めておくことは重要なのです。

今後も「前倒しでさっさとやる」を合言葉に仕事の速さと質を高めていきます。

 

以上、「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「仕事を速くする」ためのおすすめ本の紹介です。詳しくは下記をご覧ください!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

奇跡の営業/山本 正明【読書メモ】

奇跡の営業posted with ヨメレバ山本 正明 サンマーク出版 2013-07-26

記事を読む

勝ち続ける意志力/梅原大吾【読書メモ】

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)posted wit

記事を読む

世界トップリーダー1000人が実践する時間術/谷本 有香【読書メモ】

世界トップリーダー1000人が実践する時間術posted with ヨメレバ谷本 有香 KADOKA

記事を読む

信頼関係と動機づけの基礎: 実践!チームマネジメント研修①/坂本 健【読書メモ】

信頼関係と動機づけの基礎: 実践!チームマネジメント研修①posted with ヨメレバ坂本 健

記事を読む

【習慣化】仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか/相原孝夫【ビジネス本の読書メモ】

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのかposted with ヨメレバ相原孝夫 幻冬舎

記事を読む

愛は脳を活性化する/松本 元【読書メモ】

愛は脳を活性化する (岩波科学ライブラリー (42))posted with ヨメレバ松本 元 岩波

記事を読む

仕事は、かけ算。/鮒谷 周史【読書メモ】

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させるposted with ヨメレバ鮒谷 周史 かんき出版

記事を読む

鬼速PDCA/冨田和成【読書メモ】

鬼速PDCAposted with ヨメレバ冨田和成 クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

記事を読む

ペンタゴン式 目標達成の技術/カイゾン・コーテ【読書メモ】

ペンタゴン式 目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる (幻冬舎単行本)posted with

記事を読む

捨てるべき40の「悪い」習慣/午堂登紀雄【読書メモ】

捨てるべき40の「悪い」習慣posted with ヨメレバ午堂登紀雄 日本実業出版社 2015-0

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2018年8月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

新サイト「ビジタマ!」始めました。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 お久しぶりです!

メルマガを始めます。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。お久しぶりです!

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

→もっと見る

PAGE TOP ↑