*

自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術/泉正人【読書メモ】

公開日: : 読書メモ , ,

自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術/泉正人【読書メモ】

仕事に「仕組み」を取り入れることで仕事量と労働時間を減らし、さらに安定した成果を上げることを提唱した前作の『「仕組み」仕事術』が刊行されたのは2008年。このたび、最新のIT・クラウド事情に合わせて、9年ぶりに「最新版」として帰ってきました!

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。

暑くなってきたので汗っかきの自分としては、制汗対策に必死です。

気を抜くとすぐに汗染みが出来てしまう・・・

制汗スプレーは常にバッグの中にしのばせています。

さて、今日は「自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

この本は10年ほど前に出版された『「仕組み」仕事術』という本の最新バージョンです。

自分も昔に読んだことがあり、『こういうやり方があったのか』と感銘を受けた覚えがあります。

最近、仕事の生産性を高める取り組みをしているので、復習の意味も込めて読んでみました。

 

著者は、「お金の教養」を身につけるための総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を創立、代表である泉正人さん。

肩書通り「お金の教育」に関する本も多数出されていますので、詳しく知りたい方は下記のAmazon著書ページをご確認ください。

参考:Amazon「泉正人」著書ページ

 

この本では、仕事の成果と生産性を高めるための「仕組みづくり」について学ぶことができます。

 

『生産性をもっと高めたい!』『新人やパート、アルバイトなど誰でも同じ成果を出せる仕組みを作りたい!』というあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術」を読んで、得られた情報・考え・手法など

  • 「仕組み化」すると得られる5つのメリット
    1.時間が得られる
    2.ミスがなくなる
    3.人に仕事をまかせられる
    4.最少の労力で最大の成果が出せる
    5.自分とチームが成長し続けられる
  • 「同じ時間をかけるのなら、さらに生産性が上がる方法はないか?」
  • 「仕組み」とは、一言でいうと「誰がいつ、何度やっても同じ成果が出るシステム」のことです。
  • 「仕組み化」3つの黄金ルール
    1.才能に頼らない
    2.意志に頼らない
    3.記憶力に頼らない
  • 私は、自分自身を客観的に見ることのできる「時給思考」が大切だと思っています。「時給思考」とは、たとえば会社で社員3人が集まって1時間ミーティングをするのであれば、「時給3000円×3人+場所代1万円」で1万9000円のコストがかかっていることを自覚する、という考え方です。
  • 私は、受信したメールは基本的に1回しか読まないと、ルールを決めています。メールを読んだタイミングですぐに返信することが基本ですし、思い出すために何度もメールを読むのは、とても無駄な時間だからです。
  • メールを1回しか読まないようにする最も確実な方法は、即答できるメールはその場でしてしまうことです。相手が自分の返事を待って作業を保留にしているのであれば、なおさらです。
  • 「内容確認しました。OKです」 「社内で検討しますので、明日までお時間ください」 このような、よく使う文言はどんどん辞書登録していき、数回キーボードを押すだけで返信できるようにしておくことです。
  • 返信時の判断に5秒以上かけない
  • もし仮に5秒以内に決断できないことであれば、「検討させていただきますので、○日お時間をください」と即座に返信しておいて、あとでじっくり腰を据えて判断するようにしています
  • 確認作業やタスクの依頼のような、スピードと正確性が求められる業務メールの場合は、できるだけシンプルに書くことを心がけるようにしましょう。
  • ミスの原因は、「人」ではなく「仕組み」にある
  • 「どのようにすれば、『仕組み』をつくって仕事を人にまかせられるか」
  • 人に教える手間は一回。自分でこなす手間は一生
  • マニュアルを作成する際には、次の3つのルールを守ることが大事です。
    1.口頭で説明しなくても伝わる内容にする
    2.スキルや経験のない人でもミスが起きない内容にする
    3.ミスが起きなくなるまで、改善を繰り返す
  • チェックシートを使う最大のメリットは、新人でもすぐに仕事ができるということです。
  • 「新入社員は、先輩から聞いたことをノートにメモしないと成長しない!」という考え方は、「仕組み」がない組織によく起こります。
  • 「仕組みを使う仕組み」をつくる
  • 完璧なチェックシートがつくれるたった2つのコツ
    1.概要と詳細に分ける
    2.数字を使って、判断基準を明確にする
  • 何かうまくいったことを積み上げ、そしてうまくいかなかったときの失敗を回避するため、一度の経験を10回も100回でも再現できるようにすること─それが「仕組み化」を考えるときに欠かせない「ストック型」の思考なのです。
  • 「月に一度以上行う業務」「今後5回以上同じことをやる業務」のいずれかに当てはまれば「仕組み化」を行う、と決めています。
  • 成長している人がやっている「3つの習慣」
    1.記憶せずに「記録」する
    2.うまくいっている人の真似をする
    3.自分の仕事を時給で判断する
  • 「自分の時給はいくらか」

 

この本で得られた新しい気づき

「仕組みを使う仕組み」をつくる

 

せっかく作った「仕組み」も、使われなければただの自己満足で終わってしまいます。

この本では、ミスをしたら必ず報告して社内で共有するという仕組みを作り、報告することでポイントがたまり、ポイントがある数を超えると食事をご馳走してもらえるという「仕組みを使う仕組み」を紹介していました。

ミス報告は誰もやりたがらないですが、それを行うことのメリットを明確にすることで仕組み化しているわけです。

自分の仕事でも仕組みを作る機会が多いので、「仕組みを使う仕組み」まで頭に入れて仕組み化していきます。

 

以上、「自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「仕事術」に関する他のおすすめ本の読書メモは下記よりどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

まんがでわかる 伝え方が9割/佐々木 圭一【読書メモ】

まんがでわかる 伝え方が9割posted with ヨメレバ佐々木 圭一 ダイヤモンド社 2017-

記事を読む

マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編/石田 淳【読書メモ】

マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編posted with ヨメレバ石田淳 かんき出版

記事を読む

1時間の仕事を15分で終わらせる/清水久三子【読書メモ】

1時間の仕事を15分で終わらせるposted with ヨメレバ清水久三子 かんき出版 2017-0

記事を読む

脳のコンディションを良くする88の挑戦/内田伸哉【読書メモ】

脳のコンディションを良くする88の挑戦posted with ヨメレバ内田伸哉 クロスメディア・パブ

記事を読む

残業ゼロがすべてを解決する/小山 昇【読書メモ】

残業ゼロがすべてを解決する――ダラダラ社員がキビキビ動く9のコツposted with ヨメレバ小山

記事を読む

人生を変える習慣のつくり方/グレッチェン・ルービン【読書メモ】

人生を変える習慣のつくり方posted with ヨメレバグレッチェン・ルービン 文響社 2016-

記事を読む

世界トップリーダー1000人が実践する時間術/谷本 有香【読書メモ】

世界トップリーダー1000人が実践する時間術posted with ヨメレバ谷本 有香 KADOKA

記事を読む

面倒だから、しよう/渡辺 和子【読書メモ】

面倒だから、しようposted with ヨメレバ渡辺 和子 幻冬舎 2013-12-19 A

記事を読む

年収10倍アップの時間術/永田 美保子【読書メモ】

年収10倍アップの時間術posted with ヨメレバ永田 美保子 クロスメディア・パブリッシ

記事を読む

神様からのギフト ― ザ・コーチ2/谷口 貴彦【読書メモ】

神様からのギフト ― ザ・コーチ2posted with ヨメレバ谷口 貴彦 プレジデント社 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

ポジショニング戦略/アル・ライズ、ジャック・トラウト【読書メモ】

ポジショニング戦略posted with ヨメレバアル・ライズ,ジ

野村再生工場 ―叱り方、褒め方、教え方/野村 克也【読書メモ】

野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテー

年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法/竹内 謙礼【読書メモ】

年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法 (中経出版)post

2017年Amazonで買ってよかったもの35選

この記事では、『他の人が普段Amazonでどんな物を買ってるんだろ

年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人/午堂登紀雄【読書メモ】

年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人posted with ヨメレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑