*

【習慣化】年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法/竹内 謙礼【ビジネス本の読書メモ】

公開日: : 最終更新日:2017/07/09 読書メモ ,

【習慣化】年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法/竹内 謙礼【ビジネス本の読書メモ】

年収300万円で終わる人、1000万円稼げる人。「稼ぐ人」に考え方を身につける40問。

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。

最近、セブンイレブンの「クリームブリュレ氷」や「おしるこ氷」にハマってます。

2層に分かれていて、上がクリームブリュレやおしるこで、下がかき氷になっているラクトアイスです。

どちらも疲れた時には丁度良い甘さで美味しいです!

まとめ買いしたくなるほどなんですが、すぐ食べちゃいそうなので多くても一日一個に抑えてます。

これからの季節にオススメです。

さて、今日は「年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

単純に『稼ぐ人ってどんな思考してるんだろ?自分はどうかな?』と思って読んでみた本です。

 

著者は、元ネットショップのカリスマ店長から経営コンサルタントになった竹内 謙礼さん。

本も多数出されていますので、詳しく知りたい方は下記のAmazon著書ページを確認してみてください。

特に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』は物を売る人にとっては非常にオススメです。

参考:Amazon「竹内 謙礼」著者ページ

 

この本では、著者が接してきた「稼ぐ力」のあるビジネスマンの考え方や行動パターンを単純明快な2択の問題形式にして、「稼ぐ人はどのように物事を考えているか」とわかりやすく解説してくれます。

 

『稼ぐ人の考え方を学びたい!』というあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法」を読んで、得られた情報・考え・手法など

  • 稼ぐ力がある人は、常に「問題になりそうなこと」に気を配っている。
  • 「アクションの早さ」を、相手にわかりやすく示すこと
  • 「行動が早い」ということは、「仕事が早い」と直結して考えられるだけではなく、「やる気がある」ということも、同時に伝えることができるのである。
  • 「お客さまを満足させる」というポイントに、「自分も満足する」という欲求を少しでも混ぜてしまうと、一気に「お金」は遠のいてしまう。
  • 「お客さまを満足させる」ためには、「自分のやりたいことを、どれだけ抑え込むことができるか」がポイントとなるのである。
  • 自分を限りなくニュートラルな状態にして、「お客さまが満足することは何なのか?」を突き詰めて、自分のやりたくないことや、自分が面白いと思えないことでも進んでビジネスにできる人が、「稼ぐ力」を持つ人なのである。
  • 「稼ぐ力のあるケチ」は、普段の生活では節約をするが、「お金で買えない」と判断したものに関しては、トコトン投資する人のことをいう。
  • 「メモを取る」行為は、「忘れないため」の行動ではなく、「新しい情報が入ってきたら、忘れてもいいように」するのが、本来の目的である。
  • すぐにメモを取る人のほうが、相手に気持ちよく話させ、いい情報を聞き出せるので、稼ぐセンスがある。
  • 商品を説明したり、買ってもらったりするための文章は、書き出しで勝負をしないと、ほとんど読んではもらえない。
  • 「もったいない」は最大の機会損失
  • 情報は「表面的」と「本質的」の2面でとらえる
    机の上をキレイにする(表面的)→仕事の効率を上げる(本質的)
    仕事ができる人は服のセンスがいい(表面的)→第一印象を大事にする(本質的)
    お金持ちはマナーを守る(表面的)→心に余裕がある(本質的)
  • 「お客さまに、どうやったら興味を持って見てもらえるか?」ということを最優先で考えられる人が、「稼ぐ力」が備わっている人なのだ。
  • 仕事は内容が楽しいのではなく、結果が出ることが楽しいものなのである。だから、つらいことがあっても、結果が出るまで耐え忍ぶことができるのだ。
  • 「稼ぐ力」のある人は、会議を「話し合う場」にするのではなく、「意思決定する場」と考えて、時間を有効に使うのである。
  • 机の上のキレイさと、「稼ぐ力」は比例する
  • 「稼ぐ力」のある上司は、自分の行動が周囲の人間に大きな影響を与えることを理解している。そのため、たとえ自分のポリシーや考え方に合っていなかったとしても、それが世間的に評価されて、組織にいい影響を与えることであれば、率先して取り入れられるのである。
  • 待ち合わせに遅刻をしてしまうのは、戦争でいうと〝無条件降伏〟と同じである。
  • 本気で成功したければ、「できないこと」「やりたくないこと」から発想をスタートさせたほうがよい
  • 人が嫌がることとは、「結果が出るのに時間がかかること」「頭を使うこと」「手間がかかること」「お金がかかること」の4つである。
  • 「稼ぐ力」のある人は、アピールがうまい。 「稼ぐ力」のある経営者は、常に「自分は仕事のできる人間だ」ということを相手にアピールして、自分の評価を上げることを意識している。
  • 新規ビジネスの成功の秘訣は、「競合がいないこと」をやることである。
  • ビジネスの「儲かる」「儲からない」は、実は始める前からほぼ決まっていることであり、「稼ぐ力」のある経営者は、そのことに最初から気づいている。

 

この本で得られた新しい気づき

稼ぐ力がある人は、常に「問題になりそうなこと」に気を配っている。

 

これは自分の会社の社長も言ってましたね。

社長いわく、『常に最悪のケースを想定して、そうなる前に気になる点や確認すべき点を潰している』とのこと。

本来なら防ぐことができた問題が発生してしまうと、それを解決するためにコスト(時間、お金、体力、精神力)を使ってしまいます。

「転ばぬ先の杖」という諺があるように、自分に最悪のケースを想定し、早め早めのうちに対処していきます。

 

以上、「年収が上がる人はどっち? 稼ぐ人の思考法」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「習慣」に関する他のおすすめ本の読書メモは下記よりどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか/ピョートル・フェリークス・グジバチ【読書メモ】

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法pos

記事を読む

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代/アダム グラント【読書メモ】

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)posted with ヨメレバ

記事を読む

ペンタゴン式 目標達成の技術/カイゾン・コーテ【読書メモ】

ペンタゴン式 目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる (幻冬舎単行本)posted with

記事を読む

【自己啓発】「イチローの成功習慣」に学ぶ/児玉 光雄【ビジネス本の読書メモ】

「イチローの成功習慣」に学ぶposted with ヨメレバ児玉 光雄 サンマーク出版 2014-0

記事を読む

【自己啓発】一秒宝 「嫌なこと」をやめたら、結果を出す時間が増えていく/小栗成男【ビジネス本の読書メモ】

一秒宝 「嫌なこと」をやめたら、結果を出す時間が増えていく (幻冬舎単行本)posted wit

記事を読む

マイナス思考からすぐに抜け出す 9つの習慣/古川武士【読書メモ】

マイナス思考から すぐに抜け出す9つの習慣posted with ヨメレバ古川 武士 ディスカヴァー

記事を読む

捨てるべき40の「悪い」習慣/午堂登紀雄【読書メモ】

捨てるべき40の「悪い」習慣posted with ヨメレバ午堂登紀雄 日本実業出版社 2015-0

記事を読む

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法/原 邦雄【読書メモ】

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法posted with ヨメレバ原邦雄 アスコム 2016-1

記事を読む

ビジネスエリートが実践している1日30分で理想の体型を手に入れる方法/小林一行【読書メモ】

ビジネスエリートが実践している1日30分で理想の体型を手に入れる方法posted with ヨメレバ

記事を読む

ザ・コーチ – 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』/谷口 貴彦【読書メモ】

ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』posted with ヨメレバ谷口 貴彦

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

メルマガを始めます。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。お久しぶりです!

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

【生産性の向上】6時に帰る チーム術/小室淑恵【ビジネス本の読書メモ】

6時に帰る チーム術posted with ヨメレバ小室淑恵 日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑