*

【人材育成】やる気を引き出すモノの言い方48/播摩 早苗【ビジネス本の読書メモ】

公開日: : 最終更新日:2017/07/08 読書メモ ,

【人材育成】やる気を引き出すモノの言い方48/播摩 早苗【ビジネス本の読書メモ】

叱咤や説教はいらない。
部下の心に火をつけるちょっとしたコツを伝授!

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。

6月になりましたね!

日々の時の流れを速く感じます。

『気づいたら何もしてなかった!』とならないように「やることリスト」を作って行動していきます。

さて、今日は「やる気を引き出すモノの言い方48」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

仮にも人の上に立つ者は、部下や周囲に対してモチベーターでもあるべきだよなと思い、読んでみた本です。

他者だけでなく、自分に対してもそのまま使える優れた一冊です。

 

著者は、プロコーチである播摩 早苗さん。

本も多数出されていますので、詳しく知りたい方は下記のAmazon著書ページを確認してみてください。

本書と、先日紹介した『たった一言で部下を成長させる技術49』は人材育成に使えて価格も安いのでコスパがとても良いですよ。

参考:Amazon「播摩 早苗」著者ページ

参考:たった一言で部下を成長させる技術49/播摩 早苗【読書メモ】オススメ!

 

この本では、部下を動かす上司の一言と、ヘコます一言を「部下のモチベーションを上げたい」「一歩を踏み出すサポートをしたい」などのテーマ別に紹介しています。

 

『部下のモチベーションを上げて仕事で成果を出してもらいたい!』というリーダー・マネージャーのあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「やる気を引き出すモノの言い方48」を読んで、得られた情報・考え・手法など

  • 上司「甘くはないぞ。120%達成の実現可能性を高めるために、まずできることは何だろう?」
  • 「ひとつ行動を起こせるとしたら何?」
  • 部下に行動を促すときは、すぐにとりかかれる小さな一歩や準備を聞いてあげると背中の一押しになります。たとえば「提案する」などではなく、「メールを出す」「提案書をつくる」などはじめの小さい作業をイメージさせたほうが、動きに軽さが生まれるということです。
  • 「どういう手順で進める?」
  • 未来の可能性にワクワクしているだけの部下には、視点を変えて「すぐにできる行動」につながる質問をし、未来は今の積み重ねであることに気づかせるのがいいでしょう。
  • 上司「じゃ、とりあえずすぐに着手できることを3個挙げてみて」
  • 上司「そうか。効率化のために必要なことは?」
  • 「時間以外に何か問題はあるの?」「足りないものは何?」
  • 部下が、優先順位の高い仕事に着手していないときは、作業のどれかに気を重くするものがある可能性があります。そんなときは、部下本人が障害(=気を重くさせる理由)に気づくような質問をします。障害の排除が本人の手に負えない場合は、ともに対策を講じます。
  • 上司「何がFくんの気を重くさせているの?」
  • 上司「Fくんは、何を避けているのかなあ」
  • 部下を認めたり、要望したりするときには、他者との比較ではなく、本人の過去との比較をしましょう。すると、「次はより成長した姿を見せたい」と考えるようになります。
  • 「前よりずっと正確に(速く・上手に・自然に)なったね」「~ができるようになったね」
  • 「今週取り掛かるのは、そのどの部分?」「達成までの行動を細かな作業に刻むとしたら?」
  • 現在は「会社よりも自分のために」と考えたほうががんばれる層が増えているのです。ですから、達成目標の先にある「部下自身の目的」に気づかせると、部下は自らモチベーションを上げます。
  • 上司「105%達成できたら、Eさんにとって、どんないいことがあるの?」
  • 「達成によって、どんな結果を得たいと思っているの?」
  • 「~までに、××な状態で仕上げて欲しいんだよ」「いつまでに、どういうアウトプットが必要か、共有しよう」
  • 経験の浅い部下に仕事の一部を任せるときには、どういう行動を期待するか、何のためにそれを行なうかを明確に伝えます。すると部下は「雑用ばかりさせられている」とは感じないのです。
  • 「これをやって、~のやり方を身につけて」「これ、~プロジェクトの△△でつかうから、×日までに◇◇にしておいて」「次は◆◆だから、そのために~の準備をしておいて」
  • 部下が、作業をスタートしないときは、決定的な情報が足りないか、行動のスタートを妨げている心理的な障害があるのです。そのときは、むやみに急がせるだけではなく、心の中の障害物を取り除くサポートをしてやりましょう。
  • 「君の行動を重くしている理由を話してくれる?」
  • 「この目標は、○○さんがどうなったら達成なんだ?」「達成したことを、私はどのように確認できる?」
  • 「どういう状況になったら、目標が実現できたと感じられる?」
  • 「何か足りないことがあったとしたら、なんだろう」
  • 「うまくいっているA社はどんな方法を取っているのかな?」「過去の似たようなケースではどんなやり方をした?」「参考になる情報は、どうしたら手に入る?」
  • 部下が「取るべき行動は分かっている」のに、一歩を踏み出せない場合、叱咤激励よりも「障害・不安の正体」に気づかせられる質問のほうが有効と言えます。
  • 上司「最悪を考えてみて、恐れていることは何?」
  • 上司「詳しく聞かせてよ」
  • 「この成功は、君の資源になるね」「待ってたよ。○○ができて嬉しいよ」
  • 「~を期待しているんだけれど、どうかな?」「○○さん、未達の原因について、何か思い当たる?」「普段の○○さんから見て、最近少し元気がないようだけれど、何かあるの?」
  • 上司「何でもいいから、何かひとつ行動しなくちゃならないとしたらどうする?」
  • 上司「まず、君の考えを聴かせてくれる?」
  • 「○○さんの強みは、~なところだね」
  • 「将来にどういう理想をもっているの?」「そのための最初のステップは何?」「今の部署で準備できることはある?」

 

この本で得られた新しい気づき

部下が、優先順位の高い仕事に着手していないときは、作業のどれかに気を重くするものがある可能性があります。そんなときは、部下本人が障害(=気を重くさせる理由)に気づくような質問をします。障害の排除が本人の手に負えない場合は、ともに対策を講じます。

 

これは自分でもよくありますね。

優先順位が高いけど気が重たくて作業に着手できてないときは、やることを細分化して紙に書いています。

細分化しても行動しづらい場合は、細分化した作業を着手するために必要なことをさらに細分化していきます。

これをすることによって、ほとんどの仕事はすぐに行動できるものに変わっていくので気も楽になります。

引き続き、『この仕事を完了させるために、やるべきことを細分化させるとどうなるのか?』と自他ともに問いかけていきます。

 

以上、「やる気を引き出すモノの言い方48」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「人材育成」に関する他のおすすめ本の読書メモは下記よりどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

「不器用」を武器にする41の方法/加藤 嘉一【読書メモ】

「不器用」を武器にする41の方法posted with ヨメレバ加藤 嘉一 サンマーク出版 20

記事を読む

伝えることから始めよう/高田 明【読書メモ】

伝えることから始めようposted with ヨメレバ高田 明 東洋経済新報社 2017-01-13

記事を読む

【自己啓発】うまくいっている人の考え方 完全版/ジェリー・ミンチントン【ビジネス本の読書メモ】

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)posted with ヨメレバジェリー・

記事を読む

【自己啓発】多動力/堀江貴文【ビジネス本の読書メモ】

多動力 (NewsPicks Book)posted with ヨメレバ堀江貴文 幻冬舎 2017-

記事を読む

【コミュニケーション能力の向上】アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学/小倉 広【ビジネス本の読書メモ】

アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学posted with ヨメレバ小倉 広 日経BP社

記事を読む

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法/原 邦雄【読書メモ】

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法posted with ヨメレバ原邦雄 アスコム 2016-1

記事を読む

筋トレが最強のソリューションである/Testosterone【読書メモ】

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法posted with ヨメ

記事を読む

コーチングが人を活かす/鈴木義幸【読書メモ】

コーチングが人を活かす (ディスカヴァー携書)posted with ヨメレバ鈴木義幸 ディスカ

記事を読む

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート/永谷 研一【読書メモ】

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノートposted with ヨメレバ永谷 研

記事を読む

息を吸って吐くように目標達成できる本/和田裕美【読書メモ】

息を吸って吐くように目標達成できる本posted with ヨメレバ和田裕美 ポプラ社 2015-1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2018年1月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

新サイト「ビジタマ!」始めました。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 お久しぶりです!

メルマガを始めます。

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。お久しぶりです!

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

→もっと見る

PAGE TOP ↑