*

【習慣化】47原則/服部 周作【ビジネス本の読書メモ】

公開日: : 最終更新日:2017/07/06 読書メモ ,

【習慣化】47原則/服部 周作【ビジネス本の読書メモ】

世界一のコンサルティングファームでリーダーたちが実践するマニュアルにない成功法則とは?米国発売の話題書、ついに日本上陸!

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。

体重がようやく75kgまで落とせました!(まだまだ目標には遠いですが笑)

75kgからは5kgやせるごとに自分に対して「ご褒美」を設定しています。

てなわけで、早速ご褒美を購入しました!明日届くので楽しみ!

※「ご褒美」に関する詳細は下記を見てください。

参考:ダイエットのモチベーションUPのために「ご褒美」を設定してみたよ

 

さて、今日は「47原則」というビジネス書を紹介したいと思います。

「仕事の基本」系のビジネス書は何度読んでも飽きません。

これは自分の中にまだまだ浸透していない証拠。

自分の中に浸透し無意識で行動できるようになるまで(飽きるまで)、読み続けていきます。

 

著者は、マッキンゼー・アンド・カンパニーでアジア、北米、ヨーロッパなど7か国における先端技術産業、ハイテク産業、メディア産業分野のプロジェクトで活躍し、現在は経営コンサルタントである服部 周作さん。

 

この本では、著者がマッキンゼー世界7か国の現場で長年学んだ「仕事の基本」を、47個の原則にまとめて紹介してくれています。

 

『グローバルな人材の仕事術を学びたい!』というあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「47原則」を読んで、得られた情報・考え・手法など

  • 肝心なのは、最初は簡単に達成できるような「きわめて“低い”ゴールを設定すること」
  • 「大切なのは徐々に目標を上げていくことだ」
  • きつい仕事は午前中に片づける
  • 夜の時間に一番ふさわしいのは、受動的で、あまり頭を使わない仕事です。
  • すべての問いに30秒以内で答える
  • ビジネスのプレゼンテーションでは、結果がどうなるかを絶対に知りたいと思うものです。人は待たされると苛立ちます。だからこそ、いつでもアウトプットのイメージを作れるようになることが大切なのです。
  • すべての利害関係者から見た、あなたの印象の大部分が決まるのは第1週目
  • 「自分以外の人にこの仕事ができるだろうか?」
  • “気が利いている”あるいは、“かゆいところに手が届く”と思ってもらえる小さなサインはさまざまところに転がっている
  • 優先順位をつける3つの方法
    1.切迫感が高く締め切りが近い事項から手をつける
    2.クリティカルパス(プロジェクトを進めるうえで必ず終えなくてはならない作業の流れ)を知り、それをたどる
    3.お金とリンクさせる
  • 「華々しい成長などというものは幻想であり、現実の成長には必ず痛みを伴う。後から思い返して、華々しいかのように思えるだけなのだ」
  • 闇雲に失敗を恐れるのではなく、最悪のシナリオを心に描くことにより、失敗への恐れを克服できる
  • フォローアップ(仕事の進捗や人間関係の継続的な確認)を始める
  • なぜフォローアップが大切なのでしょう?答えは簡単です。大事な機会を逃さないため、そして大きな損失を避けるため、です。また、存在感と意識の高さを示し、確かな評価を築くことができます。されに、ビジネスパーソンとしての成熟度を高め、より強力な信頼を早期に確立する方法でもあります。
  • 優れたフォローアップに欠かせないのは“符号化”です。
  • 「優れたプロジェクトリーダーは、10個の指示を受けたらその場で5個にしてしまう。平凡なリーダーは10個すべてを受け入れる。最悪のリーダーは10個を倍にしてしまう。10個を受け入れて60%の成果を上げるより、3個に関して120%の成果を上げるほうが絶対にいい」
  • 「野球で生じるストレスは、野球で解消するしかありません。だから、私は野球以外のことをしてストレス軽減することはありません。打撃の調子が悪い日の嫌な気分を払拭するためにただひとつできることは、結局、練習です。そこで、ひたすら練習するのです」イチロー
  • 優れた聞き手になる3つのポイント
    1.話題をコロコロ変えないこと。相手の話に心から興味を示し、掘り下げて!
    2.自分の無知を素直に認めること。知らないことがあれば、ためらわず認めよう
    3.興味深いポイントを瞬間的に捉え、簡潔な言葉でフォローアップしよう
  • 直接「ノー」と言わず、その代わりに「提案型の質問」をする
  • 「第1に、緊急の場合は別として、ほとんどの場合は相手に反論する必要はありません。相手の誤りを間接的に指摘して本人に気づかせるほうが、大抵は好ましいはずです。第2に、否定されたり、自分の間違いを指摘されて、喜ぶ人はいません。特に肩書が立派になるほど、権威と社会的地位に傷がつくので、不愉快に感じます。第3に、最も重要な点として、会話は最も頻繁に用いる意思伝達のツールであり、だからこそ軽んじるべきではありません。争いの芽は、もっと慎重に処理するべきです。」
  • プレゼン冒頭の3文は暗記する
  • 最初の3文を暗記することが大切な理由として、もっと大事なことがあります。それは、あなた自身が安心できるところです。出だしが好調だと、無意識のうちに自信にあふれたリズムが生まれます。
  • 投資家のウォーレン・バフェットも「自分が選んだ株が、目標と比べて成功しているか、失敗しているかを毎年必ず評価すること」を提案しています。やることリストも、年1回といわず目標を達成できたかどうか随時評価してください。
  • メールは「5Dルール」でどんどん処理する。Delegate(振る)、Delete(捨てる)、Defer(保留する)、Deword(削る)、Deac-tive(遮断する)

 

この本で得られた新しい気づき

「野球で生じるストレスは、野球で解消するしかありません。だから、私は野球以外のことをしてストレス軽減することはありません。打撃の調子が悪い日の嫌な気分を払拭するためにただひとつできることは、結局、練習です。そこで、ひたすら練習するのです」イチロー

 

つまり、仕事のストレスは仕事で解消する以外にない、ということですね。

確かに自分の場合は、自分のふがいなさ、至らなさがストレスにつながることが多いです。

それを他のことで一時は解消できたとしても、そもそもが解決していないので再燃してしまいます。

「仕事のストレスは仕事で解消する」これを肝に命じて頑張ります。

 

以上、「47原則」の紹介でした。

ではでは~

 


 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

はたらく人のコンディショニング事典/岩崎一郎、松村和夏、渡部卓【読書メモ】

はたらく人のコンディショニング事典 Business Lifeposted with ヨメレバ岩崎一

記事を読む

【自己啓発】世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?/戸塚隆将【ビジネス本の読書メモ】

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?posted with ヨメレバ戸塚隆将 朝日新

記事を読む

減らす技術 The Power of LESS/レオ・バボータ【読書メモ】

減らす技術 The Power of LESSposted with ヨメレバレオ・バボータ ディス

記事を読む

奇跡の営業/山本 正明【読書メモ】

奇跡の営業posted with ヨメレバ山本 正明 サンマーク出版 2013-07-26

記事を読む

セルフトーク・マネジメントのすすめ/鈴木 義幸【読書メモ】

セルフトーク・マネジメントのすすめposted with ヨメレバ鈴木義幸 日本実業出版社

記事を読む

伝えることから始めよう/高田 明【読書メモ】

伝えることから始めようposted with ヨメレバ高田 明 東洋経済新報社 2017-01-13

記事を読む

【自己啓発】成功者の自分の時間研究/上野 光夫【ビジネス本の読書メモ】

成功者の自分の時間研究posted with ヨメレバ上野 光夫 ワニブックス 2017-06-

記事を読む

【生産性の向上】「生産性」をあげる技術/石田 淳【ビジネス本の読書メモ】

「生産性」をあげる技術posted with ヨメレバ石田 淳 宝島社 2017-07-13

記事を読む

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている/大嶋 祥誉 【読書メモ】

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法posted with ヨ

記事を読む

「いい質問」が人を動かす/谷原誠【読書メモ】

「いい質問」が人を動かすposted with ヨメレバ谷原誠 文響社 2016-09-28

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

【生産性の向上】6時に帰る チーム術/小室淑恵【ビジネス本の読書メモ】

6時に帰る チーム術posted with ヨメレバ小室淑恵 日本

【自己啓発】あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法/生田 知久【ビジネス本の読書メモ】

あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法posted wit

→もっと見る

PAGE TOP ↑