*

人を動かせるマネジャーになれ!/ブライアン・トレーシー【読書メモ】

人を動かせるマネジャーになれ!/ブライアン・トレーシー【読書メモ】

結果を出すためにマネジャーには何が必要なのか?その答えである、マネジャーが身につけておくべき基本的な考え方や能力を教えてくれるのがこの本です。単に啓発的な精神論で終わるのではなく、結果を出すマネジャーになるためにおさえておくべき考え方と実践方法が詳しく説明されているので、すぐに役立てられます。

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、32歳独身サラリーマンのひらっちです。

最近、いつの間にかソファで寝ていることが多くなりました。

ソファで本読んでるとなぜか意識が無くなっていくんですよねえ(笑)

風邪だけはひかないように気をつけます。

さて、今日は「人を動かせるマネジャーになれ!」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

昔、リーダーになる際に必要なことを学ぶために読んだ本です。

最近、「人材育成」という言葉が自分の中でホットなので改めて読み返してみました。

 

著者は、世界的に著名な経営コンサルタントであるブライアン・トレーシー氏。

著書を多数出しており、日本語訳されたものも何冊かあります。詳しくは下記よりどうぞ。

参考:Amazon「ブライアン・トレーシー」著書一覧ページ

 

この本では、結果を出す優れたマネジャーはどういう考えでどういう行動をしているのか詳しく学ぶことができます。

 

『結果を出せるチーム作りをしていきたい!』というリーダー・マネージャーになったばかりのやる気あるあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「人を動かせるマネジャーになれ!」を読んで、また読み直したいと思った文章

  • 私が学んだ最大の教訓は、「人の能力を最大限に引き出すには、学歴や知識、経験よりも、感情的な影響を与える接し方や言動のほうが重要だ」ということだ。
  • すべての行動で「黄金律」(人間関係に関する究極の教え)を実践しさえすればいいのだ。すなわち、自分がしてほしいことを相手にもする、ということである。
  • 会う人すべてが「私を大切にしてください」と書かれた札を首からぶら下げていると思って行動しよう。そうすればセールスだけでなく人生でも成功することができる。―メアリー・ケイ・アッシュ(アメリカの実業家)
  • 人は変わらないという事実を受け入れる
  • トップに立つ人やリーダーの多くは、とても明確な自己理想をもっている。
  • 組織における正しい行いを、自らが体現しなければならない。人はこう扱われるべきであり、仕事はこのように遂行すべきだというお手本を示すことが、マネージャーの仕事になる。
  • 優秀なチームをつくりたいと思っているマネージャーのもっとも大切な仕事は、チームのメンバーの自尊心、自己像、自己理想を、つねに向上させるように努めることである。
  • 状況を変えたいと思ったら、方法は4つしかない
    よい結果が出ている行動をさらに増やす。
    よい結果が出ていない行動を減らす。
    現在やっていない行動をはじめる。
    そして、ためにならない行動をやめる。
  • 部下は人との接し方を含めてリーダーの真似をする傾向がある。そのためリーダーが部下に礼儀正しく敬意をもって接すれば、やがて誰もが仕事仲間に対して同じように礼儀と敬意をもって接するようになる。
  • マネジャーがしてはいけない3つのこと
    1.部下を批判しない
    2.不平を言わない
    3.部下を非難しない
  • 人の自尊心を高める6つの方法
    1.無条件で受け入れる
    2.部下に感謝の意を伝える
    3.愛想のよい人になる
    4.部下をひんぱんに賞賛しよう
    5.あらゆる機会を利用して人をほめる
    6.部下の話に耳を傾ける
  • 相手を無条件で受け入れるにはどうすればいいか。ほほ笑むことだ。それだけでいい。
  • 感謝の意を伝えるもっとも簡単な方法は、部下が何かをしてくれたら「ありがとう」と言うことである。
  • 異なる意見を愛想よく言う
  • 反対意見は第三者の意見として言う
  • 「人はみんな賞賛されるのが好きだ」というリンカーン大統領の言葉を覚えておこう。
  • 相手のポジティブな行動をほめるときは、その直後にほめなければならない。直後にほめることによって、相手に最大の影響をおよぼし、その行動をくり返したいと思わせることができる。
  • 部下をほめるうえで効果的な方法をもう1つ紹介しよう。人前でほめるのだ。部下がすばらしい仕事をしたなら、自分の上司のところに連れていって自慢しよう。
  • 部下を人前でほめると、本人はずっと覚えている。そしてさらに認められようとして、ほめてもらった働きぶりを続けようと努力する。ひんぱんにほめて部下の自尊心を高めれば、部下は気分をよくしてモチベーションを高め、ますますいい仕事をするようになる。
  • 効果的な聞き方のための4つの鍵
    1.じっくり耳を傾ける
    2.返事する前に少し待つ
    3.明快さを求める質問をする
    4.自分の言葉でフィードバックする
  • 返事をする前に3秒から5秒ほど待つことを習慣にしよう。
  • ドラッカーは「会話で重要なのは、実際の発言内容ではなく、言外のメッセージだ」と言っている。
  • 重要なのは相手の話の内容をよく咀嚼してくり返すことだ。
  • マネジャーとしてもっとも大切な仕事の1つは、部下のなかにある失敗への恐怖を中和することだ。そのためには、失敗するのは悪いことではないと、部下に伝えなければならない。
  • 「失敗」という言葉だけは絶対に使わない。リーダーの辞書に「失敗」という言葉は存在しない。ただ教訓があるだけだ。
  • 失敗は誰でもする。一番大切なのは、失敗をしないことではなく、失敗から学び、その教訓を将来に生かすことだ。マネジャーがこのような態度でいれば、部下たちの態度にも大きな影響を与える。失敗を恐れず、高いパフォーマンスを発揮するチームができあがる。
  • マネジャーであるあなたの本当の仕事は、問題を解決することだ。始業の瞬間から退社時間まで、マネジャーであるあなたの主な業務は、問題を解決し、障害を乗り越え、決定をくだすことだ。
  • 何かの間違いが起こったとしても、誰かのせいにして非難するのではなく、解決策を探すことのほうが集中する。間違いを正すことを第一に考える。それができるのが、優れたリーダーの条件だ。
  • 頭のなかにあるネガティブな状況を、「これは私の責任だ!」という言葉と置き換えればいい。これは、あらゆるネガティブな感情を取り除く最高の方法であり、もっとも大きな力をもつ。
  • マネジャーであるあなたは、部下たちが最高の力を発揮できる環境を整えなければならない。そのとき、もっとも大切な仕事は、職場から恐怖を追い払うことだ。
  • 恐怖のない環境を実現する最初の一歩は、まずあなたが誰も批判しないこと。「失敗は避けられない」ということを、周知徹底させることである。
  • マネジャーとしてのあなたの仕事は、部下たちが「自分は勝者だ」と感じられるような環境を整えることだ。
  • マネジャーであるあなたの仕事は、彼らがポジティブな感情をもつように誘導することだ。成功、勝利、価値のある貢献をするという経験によって、ポジティブな感情が支配的になるようにするのだ。
  • 利口なマネジャーは、個人のためにもチームのためにも、つねにゴールラインを設定している。すべての人が誰よりも早くゴールできるように、さまざまなゴールラインを設定するのである。
  • 有能なマネジャーは、無数のチャンスをつくって、部下のすべてが勝利の感覚を味わえるように工夫している。
  • マネジャーであるあなたの重要な仕事の1つは、仕事、インセンティブ、報酬、承認、ボーナス、報償のシステムを調整し、部下の大部分が目標を達成できるようにすることだ。
  • 部下に前向きな期待をする
  • マネジャーが部下の才能や能力を認めていい結果を期待するほど、そして部下自身も自分の仕事の能力に自信をもつほど、部下はより前向きになり、最高のパフォーマンスを発揮しようという動機が高まる。
  • 部下を勝者にする5つのステップ
    1.明確な目標を決める
    2.具体的な測定基準をつくる
    3.成功体験を積ませる
    4.達成したことを認める
    5.報酬を与える
  • 一番大切なことは、担当する仕事が何であれ、すべてのスタッフが自分の課題を完遂しなければならないということだ。
  • 最高のエグゼクティブとは、させたい仕事に最適の人材を選び、選んだ人物がその仕事をしているときに、自分が手を出すのを我慢できる分別のある人物だ。―セオドア・ルーズベルト
  • 最高のパフォーマンスを発揮するチームをつくるには、まず「間違った人をバスから降ろす」ことをしなければならない。そうやってつくり上げたあなたのチームは、あなたに最高のビジネス人生を約束してくれるだろう。
  • マネジャーであるあなたの目標は、部下たちに幸せになってもらうことだけではない。あなたの究極にして唯一の目標は、結果を出すことだ。
  • あなたはチアリーダーではない。あなたはマネジャーであり、リーダーだ。あなたの責任は結果を出すことにある。
  • 「自分の達成しようとしていることを6歳の子どもに説明できないのなら、何を達成したいのか自分でもよくわかっていないということだ」
  • マネジャーの3つの志向
    1つめは「結果志向」だ。彼らは、仕事をきちんと完成させることに全身全霊を傾けている。
    2つめは「解決策志向」だ。解決策志向のマネジャーは、言い訳を考えたり、他人を責めたりするのではなく、とにかく解決策を見つけることだけを考える。
    3つめは極度な「行動志向」だ。彼らはつねに動いていて、あらゆる場所に顔を出し、部署や会社の動きを自分の目でたしかめている。
  • マネジャーの仕事を定義するなら、「他人を通して結果を出す」と表現するのが一番わかりやすいかもしれない。マネジメントとは、部下に手伝わせながら自分で仕事をすることではない。部下に仕事をさせることで結果を出すのがマネジメントだ。
  • 有能なマネジャーはつねに、顧客にフィードバックやアイデアを求める。
  • あなたの仕事は「何」をするかを決めることだ。「何」の計画を立てることができるのはあなたしかいない。
  • トップクラスのマネジャーは、ほぼいつも部下の見えるところにいて、問題や疑問があったらすぐにつかまるようにしている。つねに部下と接することで、最新のフィードバックを定期的に受けている。有能なマネジャーは、プロジェクトの進捗がつねにわかっているのだ。だから驚かされることもなく、不意打ちを食らうこともない。
  • マネジャーという立場は、部下が仕事を完遂させるのを助けるヘルパーであり、教師であり、リソースだ。マネジャーはつねにチームの状態に目を光らせ、最高の仕事をするのに必要なものが、すべての部下に行きわたっていることを確認する。
  • マネジャーであるあなたにとってもっとも大切な仕事は、継続的に部下たちを励まし、動機づけをすることだろう。
  • 有能なマネジャーに共通するこれらの資質のうち、一番大切なのは行動だ。彼らはいいアイデアが浮かんだり、チャンスを見つけたりすると、その場ですぐに行動を起こす。いいアイデアを聞いたらすぐに動く。彼らには切迫感と危機感があり、何事においてもスピード重視だ。あなたもそうならなければならない。
  • 早く動くほど、エネルギーがわいてくる。
    早く動くほど、フィードバックがたくさん集まる。
    早く動くほど、いい結果が手に入り、自分に自信がつく。
    早く動くほど、周囲の人に与える影響も大きくなる。
    早く動くほど、勇気と希望が高まり、早く最高のマネジャーへと成長できる。

 

他は忘れてもいいから覚えておきたい「選ばれし文章」

早く動くほど、エネルギーがわいてくる。
早く動くほど、フィードバックがたくさん集まる。
早く動くほど、いい結果が手に入り、自分に自信がつく。
早く動くほど、周囲の人に与える影響も大きくなる。
早く動くほど、勇気と希望が高まり、早く最高のマネジャーへと成長できる。

 

「遅巧拙速」

40点でもいいから早く行動していきます。

さっさと行動してさっさと結果を出します。

 

以上、「人を動かせるマネジャーになれ!」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「人材育成」に関する他のおすすめ本の読書メモは下記よりどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

【経過報告】33歳独身サラリーマンの20キロ減量ダイエット~第20週目~

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。 昨日は友人宅で宅飲みしてました。 友人の子供

記事を読む

「いい質問」が人を動かす/谷原誠【読書メモ】

「いい質問」が人を動かすposted with ヨメレバ谷原誠 文響社 2016-09-28

記事を読む

【生産性の向上】トヨタ 最強の時間術/桑原 晃弥【ビジネス本の読書メモ】

トヨタ 最強の時間術posted with ヨメレバ桑原 晃弥 PHP研究所 2016-05-20

記事を読む

【自己啓発】うまくいっている人の考え方 完全版/ジェリー・ミンチントン【ビジネス本の読書メモ】

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)posted with ヨメレバジェリー・

記事を読む

スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル【読書メモ】

スタンフォードの自分を変える教室 スタンフォード シリーズposted with ヨメレバケリー・マ

記事を読む

【習慣化】僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、 誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。/午堂登紀雄【ビジネス本の読書メモ】

僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、 誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。posted

記事を読む

【読書メモ】前田 めぐる「ソーシャルメディアで伝わる文章術」

ソーシャルメディアで伝わる文章術posted with ヨメレバ前田 めぐる 秀和システム 2013

記事を読む

鬼速PDCA/冨田和成【読書メモ】

鬼速PDCAposted with ヨメレバ冨田和成 クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

記事を読む

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシングpost

記事を読む

【人材育成】やる気を引き出すモノの言い方48/播摩 早苗【ビジネス本の読書メモ】

やる気を引き出すモノの言い方48 部下を動かす一言、ヘコます一言 スマートブックスposted wi

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • 2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第28回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 しばらく更新をお

【習慣化】仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング【ビジネス本の読書メモ】

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第27回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 先日の木曜日から

【生産性の向上】6時に帰る チーム術/小室淑恵【ビジネス本の読書メモ】

6時に帰る チーム術posted with ヨメレバ小室淑恵 日本

【自己啓発】あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法/生田 知久【ビジネス本の読書メモ】

あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法posted wit

→もっと見る

PAGE TOP ↑