*

コーチングのプロが教える「ほめる」技術/鈴木義幸【読書メモ】

公開日: : 読書メモ ,

コーチングのプロが教える「ほめる」技術/鈴木義幸【読書メモ】

「どうすれば人は動くのか」―上司や親、チームリーダーなどの立場にいる人にとって、常に悩みのタネでしょう。人は、他人から指図される「他己説得」より、自分自身を説得する「自己説得」のほうが、早く目的地に到達できます。質問を投げかけ、本人が答えを考えるように導くことが大切です。そのさいに有効な手法が「アクノレッジメント(存在承認)」。相手をほめ、認め、声をかけ続けることです。

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、昨日ある目標を自分に課した32歳独身サラリーマンのひらっちです。

その目標は自分の人生を大きく転換するであろう内容ですので、また機会をつくってしっかりと発表したいと思います。

さて、今日は「コーチングのプロが教える「ほめる」技術」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

昔、任されているチームでメンバーが増えてきたので、チームをより良くしていこうと思い読んだ本です。

最近、新人さんを育てているという話をよくしていますが、良い機会なので改めて読んでみました。

 

著者は、株式会社コーチ・エィ取締役社長、チーフエグゼクティブコーチ、国際コーチ連盟マスター認定コーチである鈴木義幸さん。コーチングのプロ中のプロです。

コーチングに関する多くの本を出しており、自分を自分でコーチングすることについて書かれた「セルフトーク・マネジメントのすすめ」は好きな本の一冊でもあります。

※Amazonの著者ページ、「セルフトーク・マネジメントのすすめ」の読書メモは下記よりどうぞ!

参考:Amazon「鈴木義幸」著者ページ

参考:セルフトーク・マネジメントのすすめ/鈴木 義幸【読書メモ】オススメ!

 

この本では、コーチングのプロがビジネスの現場で使える「ほめる」技術を教えてくれます。

「すごい!」「すばらしい!」と美辞麗句を投げかけることが「ほめる」ことではないと著者は言っています。

 

『部下に気持ちよく働いてもらいたい!』と考えるリーダー・マネージャーのあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「コーチングのプロが教える「ほめる」技術」を読んで、また読み直したいと思った文章

  • コーチングでは、質問を投げかけ、その質問に相手が答えるプロセスの中で、自然に相手が自分自身をある行為に向けて説得し動いていくのをサポートします。これを「自己説得」を引き起こすといいます。
  • 相手の存在を認める行為、言葉のすべてがアクノレッジメント
  • 「私はあなたの存在をそこに認めている」ということを伝えるすべての行為、言葉が承認にあたります。それが英語ではアクノレッジメントなのです。
  • 安心したいのです、みんな。そして、安心したいという究極の欲求を満たしてくれた人に対して、人は絶大な信頼を寄せます。
  • 「みなさんはどんな時にモチベーションが下がりますか?」95%以上の人が次のように答えます。「上からああしろ、こうしろといわれた時です」本当にほとんどの人が力を込めてそう答えます。
  • 研修でマネジャーに「では、どんな時にモチベーションが上がりますか?」と尋ねると、これまた9割以上の人が「ちゃんと任されて、認められた時」と答えます。
  • ほめるというのは、ただ「すごい!」「すばらしい!」と美辞麗句を投げかけることではない、と。相手が心の底で、他人から聞きたいと思っている言葉を伝えて初めて、「ほめる」という行為は完結すると。
  • ほめることは技術です。何気なく人がほめられているかというと、そんなことはありません。相手をよく見て、相手が日々どんなことを思っているのかを洞察して、どんな言葉を投げかけられたいのかを熟慮して、初めて「ほめ言葉」は発せられるべきものです。
  • 任せるというのは押し付けるのとは違います。任せるというのは、箸の上げ下げまで指示するのではなく、相手の裁量で進められる部分をきちんと与えて仕事を振ることです。そして最終的な責任はこちら側が取るというスタンスでいって、初めて任せるという行為が発生します。
  • Iのアクノレッジメント
  • 基本的には、叱るというのは、それをいうのは自分にもリスクがあるけれども、相手の成長のために、リスクを越えて、相手に正直にネガティブなことを直言するということです。ですからスタンスはFor you(あなたのために)です。
  • 答えは相手の中にある
  • 相手の答えを求めるということは、たとえ結果としてこちらが望むような答えが返ってこないとしても、答えを求めたというその事実自体に価値があります。それは、俺はお前の答えを大事にする用意がある、お前の答えや考え方に関心がある、というメッセージになるからです。
  • アドバイスする時には相手に選択権を与えたいものです。「僕はこう思うけれども、君はどう思う?」と。別にそれに対してノーといっても構わない、その権利が君にはある、ということを明示してアドバイスをしたいものです。なぜなら選択権を与えるということはアクノレッジメントだからです。
  • 部下を接待する
  • 接待とは、要するに「相手がいかに自分にとって大切な人であるかを伝える場を設ける」ということです。
  • 向こうが投げたボールに対して、そのボールをすぐに返す、というのは相手に対するアクノレッジメントとなります。逆にボールをいつまでも返さないでいると、その程度にしか自分のことを思っていないのだと思われかねません。
  • 贈り物をされるとうれしいのは、突きつめると、自分のために時間と体とお金をわざわざ使ってくれた、その相手の努力が贈り物の向こう側に垣間見えるからです。ポイントはどれだけの努力がそこに介在するかです。高額であれば良いというものではありません。
  • 修飾せずに観察を伝える
  • 頻繁に伝えましょう。「今こうしているね」と。ほめてはいないけれども、君がそこに向かって行動していることは知っている、それは価値のあることだと、その方向性で良いんだ、ということをリマインドしてあげる必要があります。
  • ビジネスの世界でも、スポーツの世界でも、結局チームがまとまる時には、そのトップ、あるいはトップに準じる人が、頻繁に頻繁に、とにかく頻繁にメンバーに対して声をかけているようです。内容がどうであるかという前に、とにかく「君はこの会社、このチームのメンバーだ」というメッセージを投げて投げて投げまくるのです。
  • あいさつには二種類あることがわかります。一つは自ら進んで行う「自分のウィル(意志)」でしているあいさつで、もう一つはやらされている感が透けて見える「他人のウィル」でしているあいさつです。前者を聞いた時には、アクノレッジメントされたとの思いが高まりますから、瞬間的に距離が縮まるのを感じます。
  • あいづちを打つのが本当にうまい人というのがいます。この人たちに共通なのは、確かなウィル、つまり意志を持ってあいづちを打っているということです。こういう人たちが繰り出すあいづちというのは、その一回一回に「あなたを認める」というアクノレッジメントが込められています。だから、向かい合っていてもとても話しやすいのです。
  • 若い人をアクノレッジする際に、中でも特に大事なのが「理由」という情報を伝えてあげることです。
  • 結局人が動く時というのは、重要感、つまり、この人から重要な一人物として扱われている、それなら一肌脱ごうと強く思った時だと思います。

 

他は忘れてもいいから覚えておきたい「選ばれし文章」

ほめることは技術です。何気なく人がほめられているかというと、そんなことはありません。相手をよく見て、相手が日々どんなことを思っているのかを洞察して、どんな言葉を投げかけられたいのかを熟慮して、初めて「ほめ言葉」は発せられるべきものです。

 

「アクノレッジメント」という言葉を改めてインプットしました。

昔、メンバーの1人が『案件を任されることで初めてチームの一員になれた気がします』と言ってくれてました。

これもアクノレッジメントの一つですね。

より良いチームにしていくために、メンバーにもっと頻繁に声をかけていきます。

そのためには、常に相手をよく見てどんな言葉を欲しているかをイメージすることが大事ですね。

今週も頑張ります。

 

以上、「コーチングのプロが教える「ほめる」技術」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「コーチング」に関する他のおすすめ本の読書メモは下記よりどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

マンガでよくわかる エッセンシャル思考/グレッグ・マキューン【読書メモ】

マンガでよくわかる エッセンシャル思考posted with ヨメレバグレッグ・マキューン,星井

記事を読む

目標達成する技術/マイケル・ボルダック【読書メモ】

目標達成する技術posted with ヨメレバマイケル・ボルダック フォレスト出版 2015-06

記事を読む

すごい手抜き/佐々木 正悟【読書メモ】

すごい手抜き - 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術 -posted with ヨ

記事を読む

「言葉にできる」は武器になる。/梅田悟司【読書メモ】

「言葉にできる」は武器になる。posted with ヨメレバ梅田悟司 日本経済新聞出版社 2016

記事を読む

ザ・コーチ – 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』/谷口 貴彦【読書メモ】

ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』posted with ヨメレバ谷口 貴彦

記事を読む

どんな人にもピン!とくる教え方のコツ/佐々木 恵【読書メモ】

どんな人にもピン!とくる教え方のコツ~上手に伝える5つの質問とタイプ別指導法~posted with

記事を読む

7つの心のブレーキを外せばうまくいく「すぐやる」習慣/古川武士【読書メモ】

7つの心のブレーキを外せばうまくいく「すぐやる」習慣posted with ヨメレバ古川武士 朝日新

記事を読む

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート/永谷 研一【読書メモ】

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノートposted with ヨメレバ永谷 研

記事を読む

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0/トム・ラス【読書メモ】

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0posted with ヨメ

記事を読む

エッセンシャル思考/グレッグ・マキューン【読書メモ】

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするposted with ヨメレバグレッグ マキューン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第21回目~

ど~も、33歳独身サラリーマンのひらっちです。 少し頭痛がするの

2017年Amazonで買ってよかったもの42選

この記事は、『他の人が普段Amazonでどんな物を買ってるんだろ?

超・箇条書き/杉野 幹人【読書メモ】

超・箇条書きposted with ヨメレバ杉野 幹人 ダイヤモン

47原則/服部 周作【読書メモ】

47原則【電子版限定特典付き】posted with ヨメ

自分がいなくてもうまくいく仕組み/山本 敏行【読書メモ】

自分がいなくてもうまくいく仕組みposted with ヨメレバ山

→もっと見る

PAGE TOP ↑