*

はじめてのリーダー論/小倉広【読書メモ】

はじめてのリーダー論/小倉広【読書メモ】

はじめて部下をもつあなたへ。リーダー初心者に贈る人の心をつかみ頼られる方法論。「成長したい!」「目標達成したい」と部下が思うような環境づくり、職場づくりをすることが唯一の解決方法。

引用:Amazon「商品の説明」より

 

ど~も、4月に業務に関する資格をまた取得することに決めた32歳独身サラリーマンのひらっちです。

実際の仕事に関わる資格だと、やはりモチベーションが違いますね。何でも吸収してやろうといった感じ。

受験費用は会社持ちですし、合格すれば報奨金もゲットできるので楽しみです。

さて、今日は「はじめてのリーダー論」というビジネス書を紹介したいと思います。

 

この本は、過去に「人材育成」に関する本を読み漁っていた中のひとつです。

最近、再び人材育成に興味がわいてきたので読み直してみました。

内容がとても分かりやすく、頭の中にどんどん入ってきます。

 

著者は、組織人事コンサルタントでアドラー派の心理カウンセラーでもある小倉広さん。

人材育成に関する多数の本を出しており、「アドラーに学ぶ部下育成の心理学」「自分でやった方が早い病」は良書です。自分も何回も読み直しました。

※小倉さんが出された本の一覧やひらっちが読んだ「アドラーに学ぶ部下育成の心理学」「自分でやった方が早い病」の読書メモは下記よりどうぞ!

参考:Amazon「小倉広」著者ページ

参考:アドラーに学ぶ部下育成の心理学/小倉 広【読書メモ】オススメ!

参考:さっさと人に任せろ! 本「自分でやった方が早い病/小倉 広」オススメ!

 

この本では、初めてリーダーになった人に向けて「人材育成」とはどういうことか分かりやすく教えてくれます。

胸にグサリとささる文章が何度も出てきます。

著者に『お前、リーダーとしてちゃんと部下を動かせてるのか?育成できてるのか?』と言われているような感覚を覚えます。

 

『初めてリーダーになったんだけど、何すればいいか分からない!』というリーダー初心者なあなたにオススメの一冊です。

 



スポンサーリンク



 

「はじめてのリーダー論」を読んで、また読み直したいと思った文章

  • 「成長したい!」「目標達成した!」と思っていない部下に対して、無理矢理知識やノウハウを詰め込んでもムダ、ということ。そうではなく「成長したい!」「目標達成したい!」と部下が思うような環境づくり、職場づくりをすることが唯一の解決方法、そして、それこそがリーダーが行うべきこと、であるのです。
  • 「伝えても動かないのはあたりまえであり、リーダーの創造工夫と情熱により、何とか動いてもらうように汗をかかなくてはならない」
  • 過去にリーダーがメンバーとの関係において信頼を積み重ねていれば、信頼のポイントが貯まっておりメンバーに対して影響力、つまりリーダーシップが発揮しやすい状況がある、というものです。
  • 信頼関係を築くには、古今東西変わらない普遍の自然法則が存在します。それがこの3つ「相手を大切にする」「自分を指さす」「誠実である」というものです。
  • まずは相手の気持ちを理解し、真っ黒な重たい荷物を降ろしてあげる。その先にようやくリーダーは「話す」「伝える」権利を得るのです。
  • リーダーに求められる役割は、上や下からの要望をそれぞれへ加工して伝えるパイプ役だけではなく、自ら方針をつくり発信していくことも必要です。それは「矛盾の解消と創造」です。
  • リーダーのもう1つの役割とはこの矛盾の解消と創造。つまり組織の上層部から降ってきた矛盾という無理難題を解消するクリエイティブな方法を見つけ出し、それを実行していくことです。そして、それが当たり前のようにできるようになった時に、いよいよ次のステップへと進むのです。
  • 矛盾から逃げずに矛盾を解消していくことで人が育ち、組織がレベルアップする。
  • 「指示に従うのは当たり前」「思った通りに人は動く」という幻想を捨てる。
  • 部下にしてみれば、「やらなければならないのは分かっているけど、できない」それが実状なのです。
  • 「これくらいわかっているだろう」とあなたが思うことのほとんどは、メンバーにとって「初耳であり、目からうろこである」ことが多いのです。
  • 今いるメンバーがベストメンバー。
  • リーダー自身が信頼されていないチームには、メンバー同士の信頼関係は生まれません。リーダー自身が、メンバーから信頼される存在になることが大切なのです。
  • 「何を語ったかではなく、誰が語ったかが、人の心を動かす」
  • 多くの人に影響を与えるリーダーとは、正論を振りかざす人ではなく、信頼を積み重ねてきた誠実な人である、ということです。
  • 「伝える」ということと、「伝わる」ということは同じようで全然違うんやな。コミュニケーションっちゅうもんは伝わったかどうかがすべてなんやね。伝えたかどうかはまったく関係ない。いくら一所懸命たくさん伝えていたとして、結果として伝わっていなかったら、それはコミュニケーションが取れていなかったということになるのだよ。
  • あなたがすべきはメンバーを変えようとすることではなく、メンバーが自ら変わりたい、と願うような気づきを与え、環境をつくることなのです。
  • そもそも「部下を思い通りに動かすことは不可能」と自覚すべきなのです。
  • 部下が仕事の主人公になるチャンスを奪ってはいけません。
  • 人が育つ組織とは、たくさんの約束=目標を作り出し、その約束=目標を他責にせず自責と捉える組織である、ということになります。
  • 「締切に遅れる部下が悪い」のではなく「締切に間に合うように部下を励まし助けられていない上司が無能」なのです。
  • 人材育成には3つの事柄が必要です。1つは「知識・技術」を伝える育成。2つ目は「姿勢・意欲」をつくること。3つ目は「行動習慣」をつくることです。
  • 「喉が渇いていない馬に無理やり水を飲ませることはできない」。だから、喉の渇きに気づかせてあげる。喉を渇かさせる。やる気にさせる。それが上司にとって一番大切な仕事なのです。
  • 上司にできることは「きっかけ」や「環境」をつくるだけ。部下が自発的に意思決定するお手伝いをすることしかできない。
  • すべては「目標を達成する」ことが大前提
  • ベストなリーダーの行動とは「チーム全体の目標を達成し」なおかつ「リーダーが自分で動かずメンバーを動かし、育てている」状態のこと。
  • 短期的成功と長期的成功の両方を手にしたリーダーこそが真のリーダーとして皆から認められるのです。
  • 本田宗一郎氏の言葉「人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。」

 

他は忘れてもいいから覚えておきたい「選ばれし文章」

「喉が渇いていない馬に無理やり水を飲ませることはできない」。だから、喉の渇きに気づかせてあげる。喉を渇かさせる。やる気にさせる。それが上司にとって一番大切な仕事なのです。

 

やる気のないメンバーに『こうしろ!ああしろ!』と言っても、暖簾に腕押しです。

『こうしたい!ああしたい!』と思って行動してもらえるような環境を作ることが非常に大事。

この本でも実際に部下にやる気を起こさせる事例が載っています。

その中には自分が実践しているものもあったので、やっていることは間違っていなかったんだなと再確認できました。

ただ、「人材育成」はとても難しいので、今後も学んで実践していくことを自分に課します。

 

以上、「はじめてのリーダー論」の紹介でした。

ではでは~

 

 

追伸:「人材育成」に関する他のおすすめ本の読書メモは下記よりどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

当ブログの記事を読んでいただき、ありがとうございます<(_ _)>また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!

フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします!

follow us in feedly

ひらっちのWEBについて▼

管理人の「ひらっち」ってどんなやつ?

 

関連記事

脱社畜の働き方/日野瑛太郎【読書メモ】

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法posted with ヨメレバ日野瑛太郎 技術

記事を読む

【習慣化】あなたを変える52の心理ルール/メンタリスト DaiGo【ビジネス本の読書メモ】

あなたを変える52の心理ルール (中経の文庫)posted with ヨメレバメンタリスト DaiG

記事を読む

話し方で、男は決まる/櫻井弘【読書メモ】

話し方で、男は決まるposted with ヨメレバ櫻井弘 フォレスト出版 2016-09-30

記事を読む

奇跡の営業/山本 正明【読書メモ】

奇跡の営業posted with ヨメレバ山本 正明 サンマーク出版 2013-07-26

記事を読む

【人材育成】やる気を引き出すモノの言い方48/播摩 早苗【ビジネス本の読書メモ】

やる気を引き出すモノの言い方48 部下を動かす一言、ヘコます一言 スマートブックスposted wi

記事を読む

【習慣化】自分を劇的に成長させる!PDCAノート/岡村拓朗【ビジネス本の読書メモ】

自分を劇的に成長させる!PDCAノートposted with ヨメレバ岡村拓朗 フォレスト出版 20

記事を読む

no image

読書メモ「10年後、仕事で差がつく戦略思考」

----------

記事を読む

実践!タイムマネジメント研修/坂本 健【読書メモ】

実践! タイムマネジメント研修: より少ない時間で、より高い成果を出すためにposted wit

記事を読む

最高齢プロフェッショナルの教え/徳間書店取材班【読書メモ】

最高齢プロフェッショナルの教えposted with ヨメレバ徳間書店取材班 徳間書店 20

記事を読む

【コミュニケーション能力の向上】「孫子の兵法」に学ぶ 評価される人の仕事術/福田晃市【ビジネス本の読書メモ】

「孫子の兵法」に学ぶ 評価される人の仕事術posted with ヨメレバ福田晃市 ナツメ社 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ひらっちのイラスト

    • 管理人:ひらっち
    • 性別:男
    • 84年生まれ東京在住。
    • 自分の血肉にして圧巻の存在になるために、毎日1冊はビジネス書を読破する独身ビジネスマン。
    • 「低い生産性」「コミュニケーション能力不足」「人が育てられない」などの悩みを抱える27歳ビジネスパーソンに贈る『ビジネス書』紹介ブログ【ビジネスマンの読書メモ】を運営中。
    • →「ひらっち」ってどんなやつ?詳しいプロフィールはこちら
  • 当ブログに来ていただき、ありがとうございます! また読みに来ていただけると嬉しいです。
    読んでくれる方の数が増えるとさらに更新に力が入ります!
    ※フォローしていただけると、ブログ更新時にお知らせします。
    follow us in feedly

     RSSリーダーで購読する
  • サイト内容の無断転載厳禁

    内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

     

    アクセス解析について

    このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

    Googleポリシーと規約

     

    今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

    これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。

     

    Adsense

    『ひらっちのWEB』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

     

    Amazonアフィリエイト

    『ひらっちのWEB』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

     

2017年Amazonで買ってよかったもの54選

この記事は、『他の人が普段Amazonでどんな物を買ってるんだろ?

【生産性の向上】「生産性」をあげる技術/石田 淳【ビジネス本の読書メモ】

「生産性」をあげる技術posted with ヨメレバ石田 淳 宝島社

【自己啓発】孫正義社長に学んだ「10倍速」目標達成術/三木 雄信【ビジネス本の読書メモ】

孫正義社長に学んだ「10倍速」目標達成術 [新書版]夢を「10倍速」で

【自己啓発】君のスキルは、お金になる/千田 琢哉【ビジネス本の読書メモ】

君のスキルは、お金になるposted with ヨメレバ千田

【できたこと】今週の「できたことノート」を書いてみたよ~第25回目~

ど~も、33歳独身ビジネスマンのひらっちです。 今日も自分のプロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑